かわいい息子はADHD。ずば抜けた問題児家族のすすめ

長男7歳。長女2歳。5歳差の息子と娘のママです。片田舎でWebデザイナーとして仕事をしながら育児奮闘中!7歳の息子は小学1年生になりADHD(注意欠如・多動症)と判明し、発達障害について無知だった私が試行錯誤しながら過ごす日々を記録していこうと思います。障害があってもなくても家族で楽しく暮らす事を第一に行った取り組みもご紹介します。

トランポリンがADHDの息子や子供にもたらす効果【おすすめ療育】

幼少期からソファーをピョンピョン
何処でもピョンピョン
大きくなった今も我が家以外のソファーでピョンピョンし怒られていた息子です。

 

多動傾向の子どもは体を動かしたい衝動が強いそうなので楽しく室内でも思う存分に体を動かせるようにしよう!
と言うことで。
7歳の誕生日プレゼントはトランポリンを贈りました。

 

 

 

毎日毎日飽きずに跳んでくれています。

どんなに疲れている日でも止まっていられないので、

何かをしながら+トランポリン
を自宅内では繰り返しています。

 

トランポリンってかなりエネルギーを使うので
継続的に跳び続けられるって凄いです。
私は跳び続けたら臓器が飛び出ちゃうくらい体にこたえます。


息子の底なしの体力をデメリットにしないで
活かす方法にトランポリンは正解でした!

毎日跳びはねているからジャンプ力も向上し体感も鍛えられているようです。

 

2歳の娘ははじめは危なっかしい飛び方をしていましたが

半年もするとトランポリンの枠内で何度も飛び跳ねられるようになりました。

 

ちなみに息子はソファーでは、ほぼ跳ばなくなりました。
もっと早く跳べる代替え品を用意して
跳ぶ能力を叱るのではなく褒めてあげれば良かったな。
と思うのです、、、

 

 

トランポリン

リビングに定着しているトランポリン